★ホロスコープを読むということ★
出生時間が変わるとハウスも変わり、それに連れて解釈も変わってくるので、あくまでも「この出生時刻だと仮定して」という前提でお読みください。 現時点での私というフィルターを通しての星の翻訳表現なので、気軽に楽しんでいただければ幸いです。
★星読み記事/タイトル一覧表

全力!脱力タイムズ

忘備録として・・・・
面白さではベッキーの回の方が上だった。
脚本とかのせいじゃなくて、ノンスタイル井上さんとベッキーの違い。
ベッキーの振り切った身軽さというか、開き直り感があって好感持てたし、お笑いのセンスを感じたもの。
井上さんはまだどこか必死さがあって、今ひとつ笑えなかった。
なんだろ、もう少し力が抜けるとすごく面白くなりそうなんだけど。
こういうのって、言葉で表現するの難しい。

冒頭のジェジュンの紹介部分は笑えたわぁ~~(;'∀')


私は韓国語ほとんど分からない。
あの部分、どんな内容だったんだろう。



右が「どんぐりたけし」さん。
この方もケイダッシュ関係なのね。
スポンサーサイト

tag : ジェジュン 全力!脱力タイムズ

2019-04-21 : バラエティ・その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

an・an 今昔

anan2019.jpg
久々に買いました、an・an
こんなに薄い雑誌だったっけ?
表紙も入れて全116ページ、580円。
昔は雑誌のタイトル文字が写真の後ろに隠れることはなかったのにね。

ジェジュンのインタビューで、20代後半にわがままだった時期があった・・・と書いてあったけど、そうかなぁ。ひたすら耐えていたように見えたけど。
そして、ジェジュンが歌手という仕事を一生のものと考えられるようになって、なにより嬉しい。
日本には長く第一線で活動している素敵なロールモデルがたくさんいるから、これからも良い影響をたくさん受けて、息の長い活動を続けて欲しい。

仲の良い山Pと同じ号で表紙を飾るなんて、1年前は想像もできなかった。
これからも予想の上を行くことがたくさん展開していくんだろうな♪



anan70-80.jpg
未だに持っている昭和のan・an

左は1977年(昭和52年)177号。(178ページ、340円)
ホチキス止めではなく、背表紙が付いている仕様。
表紙は朝比奈マリア、この号でモデルデビューしたみたい。
この頃はまだまだヨーロッパ、特にパリへの憧れが強くて、起用されているモデルもハーフ系が多い。
社名はマガジンハウスではなく、この頃はまだ平凡出版。

右は1987年(昭和62年)566号。(176ページ、300円)
バブル期でキモノブームだった頃。デザイナーズブランドの着物がたくさん紹介されている。
表紙は雅子さん(故人)、色白で着物がよく似合っていた。


朝比奈マリアの裏表紙はこちら↓
anan70.jpg
着物の広告。モデルは坂東玉三郎、撮影は篠山紀信。


さて、令和のan・anで、ジェジュンが表のカバーを飾るのはいつかなぁ。
そう遠くない将来だと思う。(*´ω`*)


tag : ジェジュン 山下智久 アンアン

2019-04-13 : 本・雑誌 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

新元号発表~ロクヨン(昭和64年)の記憶

4月1日、新元号が発表された。


昭和から平成へ移り変わる時は日本全国自粛ムードだったが、今回はなんだか目出度い雰囲気に溢れている。


「最後暗転するところもアベンジャーズっぽい」んだそうです。


たった7日間だった昭和64年で記憶に残っているのは初釜と街中の様子。
当時、お茶を習っていて、年明けはいつも社中の初釜に行っていた。
毎年、お正月らしく華やかな着物で参加する人が多い中、あの年はお祝いムードもなく、新年のしつらえも質素で、お師匠さんたちも地味な色無地の着物を着ていた。その中でも紫系の着物だけは、モノクロ写真の中にそこだけ色が付いたようなイメージで記憶に残っている。
街中のブティックのディスプレイも年末から軒並み地味な色合いで、確か崩御の後は一斉に黒やグレー系のものに変わり、弔意を表わしていた。
昭和64年の記憶はモノクロームの印象。


64.jpg
「ロクヨン」は昭和64年の7日間に起こった未解決の誘拐事件を描いた重厚な警察小説。

TVドラマ化、映画化もされている。
TV版の主人公はピエール瀧、映画版は佐藤浩市。
64_nhk.jpg

64_movie.png
 
どちらも見ごたえがあったが、主人公のイメージはピエール瀧の方が原作に近い。佐藤浩市はちょっと男前過ぎる。
TV版は新井浩文も出演しており、この作品が見られなくなるとしたらとても残念。



IMG_20190401_172754s.jpg
新元号発表の日、仕事帰りに写した画像

令和、どんな時代になるのだろう。
より良い時代となりますよう。

2019-04-03 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

「夢が広が~る♪」

「夢が広が~る♪」
はい、「闇が広がる」の節で歌ってくださいませ。(*^▽^*)


去年の秋のツイ。
担当パートは逆でしたが、こんなに早く実現するとは・・・・(ノД`)・゜・。

ブログ記事でも、一緒にこの曲を歌って欲しいと書いてた。

「ミュージックフェア」雑感

こうなったら次の「FNS歌謡祭」で是非是非二人で歌っていただきたい!!!!!

城田・ルドルフ&トート・ジェジュン
城田・トート&ルドルフ・ジェジュン

どちらも聴いてみたいけれど、ジェジュンの低音絶賛されてるから、二者択一ならば、ジェジュン・トートで。

「夢が広が~る♪」

tag : ジェジュン 城田優 闇が広がる トート ルドルフ FNS歌謡祭

2019-03-22 : 音楽・ライブ♪ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

細野晴臣・清水信之・ジェジュン~J-POPの系譜

いやぁ・・・・感慨深いです。
細野晴臣氏とジェジュンのツーショット。
hosonoJJ.jpg

awardAFA.jpg

細野さんといえば、YMO。


おそらく「テクノポリス」「ライディーン」ほど知られてない「マッド・ピエロ」は細野さん作曲。YMOの曲の中では一番好きな曲で、ゴダールの映画っぽいタイトルながら、亜細亜の天駆ける龍神のようなイメージがある。

松本隆とのコンビで作曲家としてたくさんの楽曲も提供していて、その中には私の青春時代を彩る曲たちもたくさんある。

ハイスクール・ララバイ(イモ欽トリオ)
禁区(中森明菜)作詞:売野雅勇
天国のキッス/ガラスの林檎/ピンクのモーツァルト(松田聖子)
パラダイス・ビーチ(松原みき)
赤道小町ドキッ(山下久美子)
夢・恋・人(藤村美樹)←キャンディーズ・ミキちゃん

戸川純のあの「玉姫様」も細野さんの曲だったのね~~!


flawlesslove.jpg

そして、ジェジュンのアルバムの中で、清水信之氏が編曲を担当している。
’80年代によく聴いていてライブにも足しげく通ったEPOのアレンジャーとして、私には馴染みのある名前。
その清水氏がジェジュンのアルバムに参加しているということがとても嬉しい。
(5曲目のBeautiful Woman)


清水信之氏が手掛けた楽曲の数々が紹介されている↓
清水信之35周年記念アルバム「LIFE IS A SONG」

あの頃は「J-POP」「J-ROCK」という言葉はなかったけれど、あの時代からのポップスやロックの系譜の中にジェジュンもいるんだなぁと、しみじみ感じている。
ジェジュン、日本の音楽の世界に帰って来てくれて、本当にありがとう。

※画像はお借りしました。

tag : ジェジュン 細野晴臣 清水信之 FlawlessLove

2019-03-18 : ジェジュン : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

土星先生はやっぱり厳しい!!!

saturn_s.jpg

2019年現在、土星は山羊座を通過中。
それぞれの星座には支配星(ruler)いわゆる担当の星が決まっていて、山羊座の支配星は「土星」。今は、土星が自分のホームグラウンドに帰って来ている最中なので、土星のパワーが発揮されやすい。

「土星」が山羊座に滞在する時期は、特に秩序、規範、モラル、義務、責任が重視される。ただでさえ土星先生厳しいのに、今ホームに帰って来ているから、なおさら厳しくなりそう。今年来年はコツコツと真面目に地道に積み上げることが大事。
ズルしたり、不誠実なことをしたら後が怖いよ。
土星についての詳しい説明はこちら↓
「土星回帰」を迎えたジェジュン(2015.12.12)

経過の土星が出生図の土星太陽とハードアスペクト(0度、90度、180度)を作る時期は、人生の節目になる出来事や軌道修正をさせられるようなことが起こりやすいと言われている。

土星の公転周期は約30年で、7年~7年半ごとに90度動き、30歳前後で最初の「土星回帰」を迎える。ジェジュンはちょうどこの時期に入隊している。

Saturn_ret.gif

土星先生の厳しさが表れているケースが最近も相次いで起こった。

引退を表明したBIGBANGのスンリは、今現在、この「土星回帰」の時期に差し掛かっている。
(彼の場合、予期せぬ立場や環境の変化が起こりやすく、社会的な責務を突きつけられるような星の配置も同時に出来ていた)

出生の土星と経過の土星がハードアスペクトを作る年齢は決まっているが、出生の太陽と経過の土星がハードアスペクトを作る時期は、人それぞれ異なってくる。
出生の太陽と経過の土星がハードアスペクトを作る時期の方が、厳しい状況になるケースが多いように思う。↓

Sun_n&Saturn_t

ピエール瀧は、ちょうど出生の太陽と経過の土星が90度の時期。

ユチョンのスキャンダル発覚時は、出生の太陽に経過の土星が180度。
過去記事(2016.06.16 )↓
「ユチョンの星周りは今・・・・・「太陽回帰図」①


東方神起のMV問題が起こったのは、出生の太陽(グループのデビュー時を誕生日として出生図を作成)に土星が180度の時期。
過去記事(2018.04.12)↓
東方神起の星回り~土星先生のチェック時期


そして2009年の分裂時期は出生の太陽に土星が90度の頃だった。


土星先生は、それまでなんとか誤魔化してやり過ごしてきたことを、「このままじゃいかん!」と白日のもとにさらけだし、軌道修正を突きつけてくる。
土星がハードアスペクト(0度、90度、180度)になる時期は、それまでの不摂生のツケがたまって病気として現れたり、我慢を重ねてきたことが耐えられなくなったり、不正が発覚したり・・・・そういうことが起こりやすい。

土星先生は定期的に厳しく進路指導してくるので、大なり小なり節目の時期に起こることは自分を見直す大事な機会。
土星の課題から逃げていると、ラッキースター木星の恩恵も受け取れないらしい。

続きを読む

tag : 星読み 西洋占星術 ホロスコープ ジェジュン

2019-03-15 : その他 星読み★ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

固定ツイを変えました♪

2016年11月6日のツイをずっと固定にしていた。

ジェジュンのアルバム発売&ツアー開始まで約1ヶ月となり、アルバムのジャケット写真も公開されたので、このツイを固定から外すことにした。あれから2年数か月、やっとここまで来た。
時間はかかったけれど、星まわりを読んでいたし、なんといってもジェジュンが現実的な努力を重ねているのを見てきたから、自分の中ではどこか楽観的で、「何とかなるだろう。大丈夫だろう。実現するだろう」と、実はあまり心配していなかったのが正直なところ。それもすべて「ジェジュンだから」という大前提があったから。


新しい固定ツイ↓

韓国人のジェジュンが日本の芸能界で生き残っていくには、韓流スターではなく、才能のある音楽人として広く認知される必要がある。そのためにも、音楽雑誌に取り上げられるような存在になって欲しいと願っている。

いつかこのようなインタビューをオファーされますよう。

RS_C.jpg



tag : ジェジュン FlawlessLove ライブツアー ソロアルバム

2019-03-08 : ファン活 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

2019年予想/ジェジュン太陽回帰図(Solar Return)

ジェジュンの太陽回帰図を用いて、2019年の見通しを探ってみる。
出生図の太陽と同じ度数(水瓶座の14.9度)に、太陽が回帰した天空図で、それからの1年間(2019年2月~2020年1月)を予測する。
2019_solar_return.gif

星が全部上半分に集中しているので、社会的活動が活発で外に打ち出していく傾向。

Asc.(1ハウスの始まり)が牡牛座なので、マイペース、現実的、物事にじっくり取り組む1年になりそう。

Mc.(10ハウスの始まり)が山羊座なので、仕事に関しては責任が増し野心が強くなる。確実に積み上げていく年。
そのMc.に冥王星がぴったりとくっついている。冥王星の意味からすると、復活、カリスマ性の発揮、イメージチェンジ等の解釈ができる。イメチェンは、ファンから見たイメージというよりも、一般の人が「この人、実は〇〇だったんだ!」と認識を新たにするということではないだろうか。(希望的観測!)
Mc.と火星が90度なので、忙し過ぎる可能性。
同じく火星と冥王星も90度なので、トコトンやりすぎる傾向があり、エネルギーのコントロールが課題。過労に注意。

太陽が10ハウスなので、今年のテーマは仕事。拡大発展の木星と60度なので、成功、成果が出る可能性大。
月も同じく10ハウスで、やはり一番の関心事は仕事。人気が出る。(月は人気も意味する)自由や独立を意味する水瓶座に位置しているので、独立したいという気持ちが強まる。

studio.jpg

経過の火星の動きをみると、4~5月はヤル気が高まり、エネルギッシュに動ける時期。ちょうどツアーの頃と重なるので、良いパフォーマンスが期待できそう。

経過の土星のジェジュンの出生図に与える影響を見ると、この1年は社会的なポジションを固める大事な時期。ここで頑張っておけば、その後の持続的な安定につなげることが出来る。

経過の木星の与える影響を見ると、今年は学びたいこことや専門性が増し、海外との縁が深まる傾向。

そして、差を埋めようと頑張ることも今年のテーマの一つ・・・・さて、その「差」とは?
本格的な日本活動を始めてからこの1年、今までの活動との様々な違いを身に染みて感じただろう。
仕事に取り組む環境の違い、関わったアーティストたちからの刺激を受けて、音楽への思いが強まったと願いたい。良い意味で貪欲になり、更に上を目指したいという思いが強くなったのではないかと思う。

この一年でどこまで行けるだろうか。志を高く持って、確実に積み重ねていってほしい。

★星読み記事/タイトル一覧表
(過去の太陽回帰などはこちら)⇒






tag : ジェジュン 星読み 西洋占星術 ホロスコープ 太陽回帰

2019-03-03 : ジェジュン・太陽回帰★ : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

うさこ

Author:うさこ
JYJを経由し、ジェジュンのファンに。(2013年~)
日本でのソロ活動再開おめでとう!
「少し愛して、長~く愛して」というゆるいファン活のスタンス。
西洋占星術の話も交えて、ジェジュンにまつわるあれこれや、好きなものについて気ままに綴っています。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

QRコード

QR